• 光学設計・LED照明系設計ソフトHOME
  • 製品案内
  • アプリケーション
  • カタログ集
  • 技術サポート
  • お問い合わせ

製品案内

Loading...
ProSourceの活用方法

FPD・光源・照明測定システム:Radiant 製品

ProSourceの活用方法

ここでは Radiant Source Modelsの光源解析・光線生成ソフト ProSource の活用方法をご紹介します。市販のLED光源やR&Dで作製した光源のニアフィールド配光測定データが手元にある場合、そのデータを使った解析ができます。更にこちらのデータを使って光学設計に必要な光線ファイルを生成させることができます。


なお、ProSource で開けるファイルの種類は以下になります。
ファイルの種類: *.rsmx, *.rs8, *.rs7, *.rsm, *.psd, *.mni, *.mdb
ファイルの種類
これら全てのファイル対応するのは最新バージョンのみとなります。

Radiant Source Models とは何か

ニアフィールド配光データ測定装置 Radiant Source Modelsとは、Radiant Vision Systems社が提供する測定機を用いて測定した光源のニアフィールドデータのライブラリです。
Radiant Source Models には測定したサンプルのアライメント画像やニアフィールド配光データが含まれています。


← 光源のニアフィールド配光測定システム
       

ProSourceで可能な解析

ニアフィールド配光測定データを ProSource で読み込むと次の 6 つの解析が可能です。

解析機能

ProSourceの光線生成

ニアフィールド配光測定データを使って次の 3 つのファイルを作成できます。
① EULUMDATファイルの生成 :ファーフィールドデータ
② IESファイルの生成 :ファーフィールドデータ
③ 光線の生成 :ニアフィールドデータ

光線の生成では、生成する光線1本1本に波長とその強度情報を付けます。色情報を測定しても、スペクトル情報をしっかり光線に与えないと、シミュレーションした際に異なる振る舞いをすることがあります。スペクトルデータを取得している場合はそのデータを利用できます。スペクトルデータがあれば、シミュレーションで実際の色味で解析することが可能です。また、分光オプションでは、ユーザー定義によるデータを選択することも可能です。

光線の生成で作成可能なファイルとその拡張子

光線生成
 
 三刺激値 Y (光度)
フォーマット 拡張子
 ASAP Binary Forma (*.DIS)
 FRED Binary Format (*.RAY)
 Generic ASCⅡ Format (*.DAT)
 Generic Binary Format (*.DAT)
 Integra ASCⅡ Format (*.RAY)
 LightTools ASCⅡ Format 7.0 (*.RAY)
 LightTools Binary Format 7.0 (*.RAY)
 LightTools ASCⅡ Format 6.2 (*.RAY)
 LucidShape Binary Format (*.DIS)
 OptiCad Binary Format (*.RAY)
 OPTIS/SPEOS Binary Format (*.RAY)
 Photopia Binary Format (*.RIR)
 SimuLux Binary Format (*.RAY)
 Specter ASCⅡ Format (*.RAY)
 TracePro Binary Format (*.RAY)
 TracePro/OSLO ASCⅡ Format (*.DAT)
 Zemax Binary Format (*.DAT)
 Generic Binary Integer for Windows (*.RAY)
 Generic Binary Integer for Unix (*.RAY)
 
 
 三刺激値 X
フォーマット 拡張子
 ASAP Binary Forma (*.DIS)
 FRED Binary Format (*.RAY)
 Generic ASCⅡ Format (*.DAT)
 Generic Binary Format (*.DAT)
 Integra ASCⅡ Format (*.RAY)
 LightTools ASCⅡ Format 7.0 (*.RAY)
 LightTools Binary Format 7.0 (*.RAY)
 LightTools ASCⅡ Format 6.2 (*.RAY)
 LucidShape Binary Format (*.DIS)
 OptiCad Binary Format (*.RAY)
 OPTIS/SPEOS Binary Format (*.RAY)
 Photopia Binary Format (*.RIR)
 SimuLux Binary Format (*.RAY)
 Specter ASCⅡ Format (*.RAY)
 TracePro Binary Format (*.RAY)
 TracePro/OSLO ASCⅡ Format (*.DAT)
 Generic Binary Integer for Windows (*.RAY)
 Generic Binary Integer for Unix (*.RAY)
 
 
 
 
 三刺激値 Z
フォーマット 拡張子
 ASAP Binary Forma (*.DIS)
 FRED Binary Format (*.RAY)
 Generic ASCⅡ Format (*.DAT)
 Generic Binary Format (*.DAT)
 Integra ASCⅡ Format (*.RAY)
 LightTools ASCⅡ Format 7.0 (*.RAY)
 LightTools Binary Format 7.0 (*.RAY)
 LightTools ASCⅡ Format 6.2 (*.RAY)
 LucidShape Binary Format (*.DIS)
 OptiCad Binary Format (*.RAY)
 OPTIS/SPEOS Binary Format (*.RAY)
 Photopia Binary Format (*.RIR)
 SimuLux Binary Format (*.RAY)
 Specter ASCⅡ Format (*.RAY)
 TracePro Binary Format (*.RAY)
 TracePro/OSLO ASCⅡ Format (*.DAT)
 Generic Binary Integer for Windows (*.RAY)
 Generic Binary Integer for Unix (*.RAY)
 
 
 
 
 
 三刺激値 カラー(一部フォーマットに限る)
フォーマット 拡張子
 Generic ASCⅡ Format (*.DAT)
 Generic Binary Format (*.DAT)
 Integra ASCⅡ Format (*.RAY)
 LightTools Binary Format 7.0 (*.RAY)
 Zemax Binary Format (*.DAT)
 Generic Binary Integer for Windows (*.RAY)
 Generic Binary Integer for Unix (*.RAY)
 
 分光
フォーマット 拡張子
 Generic ASCⅡ Format (*.DAT)
 FRED Binary Format (*.RAY)
 Generic Binary Format (*.DAT)
 LightTools ASCⅡ Format 7.0 (*.RAY)
 LightTools Binary Format 7.0 (*.RAY)
 OptiCad Binary Format (*.RAY)
 OPTIS/SPEOS Binary Format (*.RAY)
 Photopia Binary Format (*.RIR)
 TracePro Binary Format (*.RAY)
 Zemax Binary Format (*.DAT)
 Generic Binary Integer for Windows (*.RAY)
 Generic Binary Integer for Unix (*.RAY)
 


弊社ではニアフィールド配光測定サービスを行っております。
ニアフィールド配光測定サービスにつきましてはこちらのページをご参照ください。

お問い合わせ・資料請求

製品リスト

プリケーション別製品一覧

製品案内

  • 製品案内
  • アプリケーション別製品検索
  • 技術サポート
  • FAQ
  • セミナー案内
  • 会社概要
  • ISO認証取得

ページの先頭へ