• 光学設計・LED照明系設計ソフトHOME
  • 製品案内
  • アプリケーション
  • カタログ集
  • 技術サポート
  • お問い合わせ

製品案内

トップページ > 製品案内 > 産業用・工業用カメラ > IDSカメラのアプリケーション例

Loading...
IDSカメラのアプリケーション例

産業用・工業用カメラ

IDSカメラのアプリケーション例

IDS社製カメラはFA・マシンビジョン・ロボット・画像処理・医療・セキュリティなど幅広い分野において高品質なモジュール式コンポーネントとして使用されています。
ここではIDSカメラの活用例を一部ご紹介します。
IDS Imaging Development Systems 動画を見る

製品活用例

遠洋で活用される IDS の産業用カメラ

遠洋で活用される IDS の産業用カメラ
IDS のカメラは持続性をサポートしています。漁場での乱獲が続き、数多くの魚類が絶滅の危機にさらされています。このため、漁業界では、環境に配慮したアプローチを導入するソリューションが求められています。
 
2 台の産業用カメラ UI-5240RE とエビ選別機を利用して、カニや稚魚などが捕獲されたときは、すばやく傷つけずに海に返すことができます。陸地から遠く離れた海洋上という悪条件も、IP67 保護等級に準拠する耐久性で、苦もなく対処できます。

IDS カメラで自分に合ったファッションを見つける

エイミーは、他の多くの女性と同じように、ショッピングが好きです。でも、本当に自分にぴったり似合う服はなかなか見つかりません。
 
近頃この悩みを解決したのが、日本の 3D エキスパートである Spacevision が開発した、「3D ボディスキャナー」です。これには IDS カメラが搭載されています。ボードレベルバージョンとして手頃な価格の UI-1221LE カメラはコンパクトかつ軽量で、このようなポータブルなマルチカメラ用途には打ってつけのソリューションです。

USB カメラが滅菌用品の管理を支援

USB カメラが滅菌用品の管理を支援
外科手術用の器具は、滅菌から破棄に至るまで、手術室での使用に関する厳格な規則が課されています:外科手術用の器具は、プロセス全体を通じて収集および保守する必要があります。
 
そのため、ドイツカッセルにあるデータテクノロジーカンパニー IBH は、品質管理ソフトウェア EuroSDS と IDS の USB 2.0 産業用カメラXSの両方を使用しています。これは、いわゆるパッキングステーションで利用される標準のデジタルカメラに取って代わり、プロセス全体が簡略化されて使い易くなるようにしています。

Ensenso3Dカメラは新たな基準を設定します

IDSのEnsensoステレオ3Dカメラは、ロボットビジョンアプリケーションのための産業用ソリューションです。高精度に加えて多くの付加価値を提供します。このカメラは簡単に統合ができ、精巧な技術の必要性を排除し、スピードという観点において新天地を切り開きます。Ensensoは、最も複雑な要件にも対応できます。例えばビンピッキングなど、コスト効率を保証しながら、プロセスの信頼性と比較的短いサイクル時間を実現します。

お客様は、標準化されたビンピッキングでこのステレオカメラを利用し、Ensensoの利点を活用します。

ビデオ

レーダーと視覚で衝突を回避する

『Vision Systems Design』の 9 月号に公表されたデイブ・ウィルソン氏の新しいケーススタディには、マシンビジョンとレーダーを組み合わせて、レーサーが一目で車の後ろの様子を見えるようにする方法が説明されています。

耐久レースは、ほとんどの経験を積んだドライバーにとっても、困難な仕事です。車の限界で長時間運転し、昼も夜もレースし、雨や霧など天候条件が不利なこともよくあります。

完璧を期した生産現場 - 自動車のアンダーボディ検査に使用されるGigEカメラ

ドイツ南部にある大手自動車メーカーの工場では、毎日1,000台を軽く超える自動車が生産ラインから旅立っていきます。車は色、エンジンの仕様、外装などさまざまですが、すべての自動車に当てはまることが1つあります。それはトリムからリベットに至るまで、すべてのパーツが必ず正しい位置にセットされなくてはならないということです。高度な精密さが要求されるこの作業には、マシンビジョンが重要な役割を果たします。生産工程のさまざまな箇所で、高速度カメラが全部品の正確な位置や過不足をチェックしているのです。ドイツのVMT Bildverarbeitungssysteme社は、自動車産業におけるロボット誘導システムと品質管理のスペシャリストであり、長年にわたって光学検査システムを採用した生産設備を扱っています。現在、アンダーボディの検査システムには、IDS製「UI-6320HE-M」タイプのGigEカメラが最大12台搭載されており、100%の徹底管理を可能にする高品質な画像を届けています。

点がもたらすもの - 点字を読む画期的なシステムに使用されるUSBカメラ

ドイツでは、視力を失っているためにこの文章を読むことができない方は、150,000人以上にのぼります。しかし、5人に1人は指先で点字を読むことができます。薬の外箱を扱う時などには、点字による情報が大変重要なものとなります。ドイツ ミュンヘンのin-situ社では、折りたたみ式の箱を製造する際に打つ点字の検査システムを開発しました。これはDotScanシステムと呼ばれ、点字の触知性や正確性を高めます。最新のマシンビジョンシステム、そしてUSB uEyeシリーズの「UI-1540SE-M」を採用しているため、検査は非接触で行われます。

リアルな世界へようこそ - 産業用USBカメラが3Dレーザースキャナーに色彩データを送信

部屋や物体を3Dに再構築する場合、レーザースキャナーを使用すれば可視点を正確に把握して3Dモデルを作ることができますが、これには色彩情報が欠けています。反対に従来のカメラ技術では輝度や色彩を捕えられますが、立体情報を得ることはできません。そこでレーザー専門のZoller+Fröhlich 社では、両者の技術を融合することに成功しました。モバイル型3Dレーザースキャナー「Z+F IMAGER® 5006i」は、3Dポイントクラウドで空間モデルを作成し、IDSの高解像度5メガピクセルカメラでテクスチャーを生み出すカラー画像を作成します。このシステムは、歴史的建造物や製造所といった建物の記録から、交通事故現場の記録、犯罪捜査など、きわめて広範な分野に適用できます。

リンゴと洋梨を比較 - USBカメラを搭載した秤が商品を認識

リンゴにレモン、ナスにズッキーニ - 大型スーパーマーケットの青果コーナーには新鮮な野菜や果物が沢山並んでいます。四季を問わずどんな果物でも手に入るようになり、消費者には便利になりました。また、セルフサービスが当たり前のスーパーマーケットでは、客が自ら青果を選びチェックできるのも良い点です。ところが、セルフレジは戸惑うことがしばしば。大量の売り物の中で、どのボタンを押せばいいのかが分りません。いつまでもパプリカやパパイヤのボタンを探しているうちに、豊富な品ぞろえは苦痛になります。もっと買い物を便利にするため、重量測定技術業界の世界的リーダー、METTLER TOLEDO社が画期的なシステムを提供しました。内蔵の小型USBカメラが、セルフレジで個々の商品を認識する手助けをしています。

フィルターコーヒーの時代はおしまい - USB/GigEカメラを搭載したシステムが、コーヒーカプセルをチェック

オフィスでも、一人暮らしの部屋でも、フィルターコーヒーの時代は終わりを告げました。挽いたコーヒー豆をカプセルに閉じ込めた製品が、ますます人気を呼んでいます。その理由は便利さ。コーヒー豆の種類を選び、マシンにカプセルをセットして、ボタンを押すだけ - すぐに淹れたてのコーヒーを楽しめます。しかも、好みに合わせて選べるフレーバーが豊富に取り揃えてあります。一般的なコーヒーはもちろん、カプチーノからカフェインなしコーヒーまで楽しめる上、紅茶、ココア、スープといった他のホットドリンクのカプセルも販売されています。かんたんに出来上がるコーヒーは確かに嬉しいものですが、製造工程では非常に厳しい品質管理基準を満たさなくてはなりません。そのためイタリアのコーヒーメーカー最大手では、ドイツの専門3社による充填設備、マシンビジョンシステムおよびカメラを採用しています。

明るい見通し - 高解像度GigEカメラでソーラーウェハーを監視

燃料の高騰が続き、再生可能エネルギーを求める声が高まっています。中でも急成長の分野は太陽エネルギーで電力を作る、太陽光発電です。急速な技術進化を受けて、広範な用途における太陽熱発電システムの利用はどんどん安価になっています。ドイツ政府も「100,000件の屋根プロジェクト」のような支援策を実施し、太陽光発電市場を刺激しています。ソーラーシステムを採用する際の決め手となるのは、その効果です。太陽電池の製造にあたっては、エネルギーを最大限に生み出すためにも高品質なウェハーが強く求められます。ドイツのECKELMANN AGではソーラーウェハーの検査装置を新たに開発することで、この課題をクリアしました。IDSの高解像度ギガビットイーサネットカメラ、そして高性能な画像処理アプリケーションが、この装置を支えています。

過酷な環境に耐える - 丈夫さを誇るUSBカメラが製造機械の品質を支える

切削加工の現場に飛び散る破片。工業生産における環境は、総じて過酷です。高温、埃塵、潤滑油など、精密機械にとってはつらい現場ですが、オートメーションに精密機械は欠かせません。しかしロボット制御や光学式の品質検査などに使用されている最新鋭のカメラは、特に大きな影響を受けてしまいますし、コネクターやレンズに用いられる精密なシステムは、環境の影響に大変敏感です。マシンビジョンのプロ、ドイツIDSの「uEyeRE」シリーズでは、特に工業生産での使用に適した丈夫なカメラモデルをご用意しています。製品は、ドイツのKaiser ComputersystemeやISOTRONIC BildverarbeitungssystemeといったOEM企業にも愛用されています。

過酷な作業環境で最高の精度を実現 - 自動微粉砕システムに使用される、画期的なロボットハンドと高解像度カメラ

高速で回転しながら、鋼の塊の中に入っていくフライスの先端。その刃先は、いともたやすく鋼鉄の表層を切り落としているように見えます。次の作業では特殊ドリルが穴をあけ、エンジンブロックへと仕上げられていき、主な作業はインサートを交換しながら行われます。こうした精密部品は細やかな工程を経ながら製造、研磨、塗装が行われます。ドイツ南部にあるROBOWORKER社は、このようなインサート製造用のオートメーション技術を専門に扱う企業です。ロボットハンドの制御に必要な高解像度画像は、IDSの「uEye®」シリーズが提供しています。

すべてを1つに - 画像の統合管理をもっと簡単にする、汎用型カメラドライバー

画像処理システムなしのオートメーションプロセスは、もはや殆ど考えられません。器具やグリッパーを正確にセットしたり、視覚的な品質検査を実施するなどの用途で、ほぼすべての機械にはカメラが内蔵されています。しかし用途によってカメラに求められる役割も異なってくるため、1つのモデルですべてをカバーすることは極めて困難です。そのため機械メーカーやシステムインテグレーターにとっては、モデルチェンジのたびにソフトウェアの調整や新たなプログラム作成などで大変な労力を強いられます。マシンビジョンのプロであるドイツのIDSが、インターフェイスがUSBでもGigEでも、カメラの仕様を問わずに使える汎用型のカメラソフトウェアを作ったのはこのためです。モデルやインターフェースがどのタイプであっても、カメラの統一や取替え、アップグレードが行えるので非常に簡単、そして時間とコストの節約になります。

最も重要なのは位置 - 5メガピクセルのUSBカメラが、レーザー技術の精密作業をサポート

光線を道具にする?つい20年前には考えられなかったことです。しかし、現代は多くの製造工程で効率や融通性、それに環境適合性が向上したこともあり、レーザー技術の応用範囲はますます広がっています。その一例となるのが、永続・非接触での部品の刻印作業です。ドイツ ノルトライン=ヴェストファーレン州の最も歴史あるレーザー技術専門企業、Winter社ではレーザーを利用した精密加工および計測技術のための機械を開発・製造しています。製品の主要な適用分野はカーコンポーネントのレーザー彫刻やレーザーアブレーションです。一寸の狂いもない精密な彫刻を行うため、 Winter社ではIDSのUSBカメラ「uEye」の長所と画像処理ツール「HALCON」のエレメントを組み合わせた専用ソフトウェアを開発しました。

犯人を追え - ドイツ バーデン=ヴュルテンベルク州刑事局で利用されている、高解像度USBカメラ

完全犯罪はこの世に存在しません。犯人は必ず犯行現場に何かを残しています。指紋や微粒子、DNA型鑑定につながる物質の他に、靴跡もあります。特に泥棒などの場合には靴跡が残りやすいことから、しばしば財産犯の解決で大きな役割を果たしますし、捜査が難しい犯罪の手がかりになるばかりではなく、決定的な証拠にもなります。こうした手がかりを確実に、効果的に得るため、犯罪捜査員は最新のコンピューター技術を利用しています。靴跡や移動の痕跡、靴底の模様などを集中データベースに蓄積し、犯罪捜査部門がいつでもすぐにデータを取り出して検証できるようにしているのです。そのため、足跡や参考となる型も含む靴底型すべてをシステムに保存する作業は、重要な意味を持っています。また、画像の取得と処理は、迅速かつ効率的であることが望まれます。ドイツ バーデン=ヴュルテンベルク州刑事局(LKA Baden-Württemberg)では、IDSの高解像度カメラ「uEye®」シリーズを採用しています。

チャンスを見逃さない - IDSのカメラを搭載したサッカーロボットが、国際大会で優勝

ワールドチャンピオンがついに決定 - 試合はロボットのサッカー大会!!2007年7月1日~8日まで、アメリカ アトランタで開催されたロボカップ(RoboCup)。ドイツ フライブルク大学のチーム「NimbRo」がロボカップサッカーにおいてヒューマノイドリーグのティーンサイズリーグとキッズサイズリーグの両方で勝利し、2つの優勝をドイツに持ち帰りました。IDSのuEye®シリーズを使用した、人工眼球の高性能なマシンビジョンがチームを勝利へと導きました。

頼れるドライブアシスタント - 高解像度USBカメラが、運転支援システムの開発に役立っています

2006年、ドイツ国内の交通事故による死者は5000人を超えました。最も多い事故原因は危険な車線変更で、十分な車間距離を取らずに車線を移動して接触するというものです。この結果を受け、自動車業界ではブレーキアシストや車間距離制御システム、車線維持支援システムなどの自動制御装置の開発に力を入れています。こうしたシステムはドライバーの操作を肩代わりするものではなく、運転をサポートしたり路上の安全に貢献するためのものです。「CANape」は計測、キャリブレーション、診断を行うツールで、Vector Informatik社がシステム開発を支援しています。また、IDSのUSBカメラも物体検出アルゴリズムの検証システムに役立っています。

ケーブル管理 - 高解像度USBカメラで、自動車の電気系統を効果的に検査

製品の品質、そしてスピーディで経済的な製品管理は、世界規模の競争を勝ち抜いていく上でますます重要になっています。このことは、技術の結晶が日常生活に反映される上、強大な競争の重圧にさらされている自動車業界では特に顕著です。製品の欠陥は保証修理や無料修理に高額なコストがかかるだけでなく、何よりも企業イメージに傷がつきます。だからこそ、製造段階のうちに確実に不具合を発見することが肝心なのです。そこで最新の画像処理システムと高性能カメラの組み合わせが、検査に高い効果を発揮します。自動車業界向けの品質管理システムを専門とするOtte Elektronik社では、USBインターフェースを採用した高解像度カメラに信頼を寄せています。

プレゼントに迷ったら?- 高解像度USBカメラが、写真を立体的にチェンジ

誕生日、結婚記念日、クリスマスなどには、何をプレゼントしようかあれこれと頭を悩ませてしまうものですが、Vitro Laser社から、とっておきのアイディアがあります。誕生日を迎えるお子様やパートナーに、本物そっくりの肖像をプレゼントするのはいかがでしょうか。それも、硬質ガラスのキューブの中に彫刻された肖像画です!まさに、受け取る人が主役の贈り物と言えるでしょう。写真などから取り込んだ画像は3Dスキャナーで数秒のうちにデジタル化された後、精密なレーザー技術を利用して数分でガラスに彫刻されます。IDSの高解像度カメラが、デジタル処理に欠かせない細密な画像を作り出しています。

君の瞳に乾杯 - 超小型USBカメラで眼科の検査結果を記録

「君の瞳に乾杯」 - 名画「カサブランカ」でハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンが演じた有名なシーンは、人々の記憶に残っています。しかし、瞳の奥を見ることにかけては、検眼士や眼科医にはかないません。この"見通す眼差し"を可能にしたのが「細隙灯」(スリットランプ)です。このランプを用いることで、人間の眼をきわめて精密に検査することができます。検査の記録やわずかな変化も発見できるようにするため、Tomey社では小型で高解像度のIDS製USB接続型カラーカメラを内蔵しています。

背痛と戦う - アナログなフレームグラッバーからデジタルUSBカメラへ

ドイツでは、30歳代以上の2人に1人が背痛を訴えているといいます。’国民病’というべき背痛は、しばしば仕事に支障をきたしたり、早期退職を余儀なくされる原因ともなっています。また、背痛患者は年々若年化が進んでおり、姿勢の変形、骨盤傾斜、脊柱側弯症、脊柱後弯症を患う未就学児童もいることから、早急な対応が迫られています。医師が痛みの具体的な原因を特定して効果的な治療を指示できるよう、Diers International社では新しい検査方法の開発を専門的に行っています。それは「formetric」(フォーメトリック)を使って3次元、4次元で脊柱を測定するというもので、この方法では、IDSの高解像度USBカメラで背部の立体画像を作成します。

Eyes@Work - 超小型USBカメラ搭載の、インテリジェント・ロボットビジョンシステム

休みなく働いてくれるロボットは、現代ではあらゆる分野において欠かすことのできない助っ人的存在です。医療現場から製造産業、軍事行動に至るまで、高精度の作業や単純作業、あるいは危険を伴う作業をロボットが行っています。難しい作業を行うにあたってロボットシステムに要求されるのは、自在に動くグリッパーやパーツだけではありません。人間の目や頭脳と同様の能力も求められるのです。そのため、現代のロボットは対象を認識・区別したり追跡したりすると同時に、作業目的に適した判断を下さなくてはなりません。AES motomation社のロボットビジョンシステム「Eyes@Work」には、IDSの超小型・高解像度USBカメラが「ハイテクの眼」として採用されており、高性能ソフトウェアに必要な情報を届けています。

印刷前の完璧な下準備 - 産業用USBカメラが美しい印刷結果を実現

「初めに言葉ありき」 - しかし言葉を新聞のような紙媒体に載せるまでには、相当の工程があります。文章を校正し、入力や版下作業を完了させた後で、印刷機にぴったりと印刷板をおさめる作業は基本中の基本であり、ブレずに紙の上にインクを乗せる正確さが要求されます。いわゆる見当合わせ装置や曲げ機は、印刷板の位置決めに使用します。ドイツ ラールに本社を構えるNELA Brüder Neumeister社は、この業界では世界トップクラスのメーカーです。NELA社では高品質で経済的な自動操作を可能にする、USB 2.0カメラを搭載した最新鋭の自動見当合わせ装置を開発予定です。

まばゆいソリューション - USBカメラで鏡面の欠陥検出を可能に

現在、品質保証における多くの分野で産業画像処理システムは欠かせないものとなりました。生産ラインにおいてもロボット制御においても、スピーディで確実、かつ客観的な品質管理や工程中の欠陥検出のためにマシンビジョンが稼働しています。しかしこれまでは、高光沢な表面の自動画像処理には限界がありました。直接光や透過光を使用した従来の検査方法がうまくいかなければ、含有物の有無、テクスチャーや色のズレは人間の目で点検していたのです。画像処理システム「VisionFlex」は、最新のマシンビジョン用コンポーネントにより鏡面や反射面の検査を可能にする新方式を採用しています。高解像度の産業用 USB 2.0カメラは、ここでも重要な役割を果たしています。

手頃なオーダメードの靴で、靴ずれ用の絆創膏にさよなら - 数秒で計測が終了するフットスキャナー

オーダメードで靴を作る場合、その作業工程はおよそ150にも及びます。靴は一人ひとりの足形に合わせて形成されますが、製靴の際には足の35か所を計測します。今はこうした面倒な作業はフットスキャナーが行ってくれます。この機械は作業時間を短縮してくれるだけではなく、経費の削減にもつながります。

もう毎日の献立に悩まない- USBカメラを搭載した未来型キッチンテーブル

人間がスーパーマーケットへ足を運ぶ?それとも、足りなくなった食料品を冷蔵庫が自動的にネットで注文したら?洗面所の鏡が株式相場を教えてくれたり、携帯電話でコーヒーメーカーのスイッチが切り替えられたりしたら?すみずみまで自動化された快適な未来の住まいについて、研究者たちはそんなことを思い浮かべています。そしてこのビジョンに沿った計画・調査、試験がすでに意欲的に進められています。面倒な「毎日の献立」についても例外ではありません。あなたの代わりにメニューを考えてくれるキッチンテーブル、「レシピテーブル」なら毎日頭を悩ませるこの問題をいつでも解決してくれます。ここで活用されるのは、USB 2.0カメラによる最新の産業画像処理技術と超小型なそのデザインです。

お問い合わせ・資料請求

製品リスト

プリケーション別製品一覧

製品案内

  • 製品案内
  • アプリケーション別製品検索
  • 技術サポート
  • FAQ
  • セミナー案内
  • 会社概要
  • ISO認証取得

ページの先頭へ