• 光学設計・LED照明系設計ソフトHOME
  • 製品案内
  • アプリケーション
  • カタログ集
  • 技術サポート
  • お問い合わせ

製品案内

トップページ > 製品案内 > FPD・光源・照明測定システム:Radiant 製品 > イメージング色彩輝度計システムが人よりもすぐれるディスプレイ品質検査員になりうる4つの理由

Loading...

イメージング色彩輝度計システムが人よりもすぐれるディスプレイ品質検査員になりうる4つの理由

Radiant Vision Systems
ProMetric を使ったディスプレイの品質検査について、 Radiant Vision Systems 社のページを翻訳した情報をご紹介します。

ヒトの知覚が、フラットパネルディスプレイの外観になると、常に品質の最高基準となるでしょう。結局のところ、スマートフォン、タブレット、PC、およびテレビのエンドユーザーはそれらを見たり、楽しんだり、楽しまなかったり、それらに多くの時間を費やしている人間です。色の欠陥、不均一な外観やその他の欠陥があると、不十分な結果をもたらします。

このことから、手動検査が歴史的に製造プロセス中のディスプレイ品質を評価する最も一般的な方法なのは理にかなっております。しかし、人による検査は、高生産性な製造環境において多くの課題に直面します。広範囲な潜在的欠陥を探す様な検査を短時間で行う場合、限られた集中力、疲労により、人間は動きの速い生産ラインにおいて、簡単にデバイスの欠陥を見逃してしまいます。

人による検査をイメージング色彩輝度計で置き換えると、メーカーは、工場から出荷されるディスプレイの安定した品質を保証できる1つの方法になります。イメージング色彩輝度計は、ヒトの視覚を再現します。つまり、ヒトが見るように光と色を「見る」という意味です。言い換えれば、イメージング色彩輝度計はデジタルなヒトの目です。イメージング色彩輝度計は、ヒトの視覚の精度と自動化されたシステムによる高い再現性を兼ね備えています。この組み合わせにより、イメージング色彩輝度計はヒトの視覚よりも検査用途において優れています。その理由は下記の4つです。

1. 限られた検査時間。

生産アプリケーションでは、膨大な数の潜在的な欠陥の検査を割り当てられた時間内(通常わずか数秒)に行われなければなりません。人による検査がクラック画面のような欠陥を検出するのは簡単ですが、 微妙なピクセル欠陥などの場合は、非常に困難であり、集中的な注意力が必要です。これらの欠陥は、人が数秒間ディスプレイを見た場合は見逃す可能性がありますが、数分または数時間ディスプレイを見た場合は非常に目立つでしょう。

イメージング色彩輝度計と解析ソフトウェアで構成された本システムは、この問題を解決し、人よりもはるかに高速で、高精度で多くの詳細な状態をキャプチャして分析します。

2. "希少"効果。

検査作業の反復性によって、人による検査は、比較的まれに発生するような欠陥を見逃す傾向があります。検査員は一定の単純作業となり、注意力が衰えて欠陥を見逃す可能性があります。
自動化されたソリューションにはこの問題がありません。欠陥は、頻度に関係なく確実に一貫して検出されます。

3. 画素密度の増加。

人による検査はピクセルスケールの欠陥だと見つけやすいですが、ディスプレイがより高密度になるにつれて難しくなります。ディスプレイの解像度が高くなるか、またはピクセルピッチが小さくなると、人による検査はより時間をかけて走査する必要があります。人は小さな範囲にのみ集中することができます。動きの速い生産ラインでは、人はピクセルレベルの欠陥やその他の微妙な欠陥についてしっかり詳しく走査する時間がありません。

イメージング色彩輝度計は、画面の完全なデジタル画像を一度にキャプチャし、画像のテストを実行します。人よりもはるかに速く、より全体的に処理することができます。

4. ムラ。

最後に、人が検出するのに最も難しいタイプの欠陥は「ムラ」です。「ムラ」は、ディスプレイ内の任意の場所、任意なサイズ、任意な形、任意な明るさの「ムラ」、または断続的にぼやけた領域の「ムラ」があります。
人による検査は、「ムラ」について、ボヤケ具合、大きさ、曖昧な領域の重大性、まぶしさはどうなのか、大きさはどうなのか、厳格に判断しなければならない。

この評価は非常に主観的であり、異なる検査員で異なる判断をする可能性があります。

イメージング色彩輝度計システムでは、ムラには「丁度可知差異」(JND)と同様の測定基準に基づいて定量値が割り当てられ、ムラが目立つかどうかが評価されます。ディスプレイは、定義された目的の設定に対して「良い」または「悪い」と容易に判断することができます。

イメージング色彩輝度計システムは、最高の検査員と同様に欠陥を「認識」します。イメージング色彩輝度計システムは、データを収集して24時間稼働する能力も、品質とコストの節約という利点をもたらします。「デジタルアイ」としてのイメージング色彩輝度計、および人間の「頭脳」の部分として背後にあるソフトウェアは、フラットパネルディスプレイ検査のための非常に効果的で柔軟なソリューションです。

詳細はこちらのウェブページをご参照ください。

本内容は弊社にて記載内容を和訳しましたが、完全なものではありません。
詳細はRadiant Vision Systems 社のウェブページをご参照ください。

弊社HP内製品ページ:
イメージング色彩輝度計(面輝度計) ProMetric® シリーズ

お問い合わせ・資料請求

製品リスト

プリケーション別製品一覧

製品案内

  • 製品案内
  • アプリケーション別製品検索
  • 技術サポート
  • FAQ
  • セミナー案内
  • 会社概要
  • ISO認証取得

ページの先頭へ