画像センシング展2019 注目製品情報| 【カメラ】小型カメラ| 業種別ソリューション|株式会社 プロリンクス

【カメラ】小型カメラ

画像センシング展2019 注目製品情報

サプライヤー:IDS Imaging Development Systems GmbH

弊社が画像センシング展2019にてデモを行う製品の中でも、特に魅力的な製品についてご紹介いたします。

偏光センサー(SONY IMX250 MZR-C)搭載カメラ

4方向の偏光子をイメージセンサーのフォトダイオード上に形成した偏光イメージセンサー「SONY社製 IMX250 MZR-C」を搭載したモデルがリリースされます。 4方向の偏光により、通常のセンサーでは検出できない低コントラストの物体や、反射の強い金属等の可視化が可能となります。 SONY社製 IMX250 MZR-Cは、センサー自体が偏光の仕組みを持っているため、従来のように偏光フィルターを使用する必要がありません。カメラはUSB3/GigE Vision規格に対応したモデルのリリースが予定されております。

<主な特徴>
■ 解像度:5.04MP
■ センサーサイズ:2/3”
■ ピクセルサイズ:3.45 µm
■ グローバルシャッター
■ USB3/GigE Vision
■ 低コントラストな条件下でも物体を検出可能
■ 反射に邪魔されない画像を取得
※本仕様は開発中のもののため、変更されることがございます。

AI搭載の産業用カメラ

NXTシリーズの最新モデルNXT romeとrioには、IDS社が開発したAIが実装されており、AIビジョンアプリを使用することができます。 プログラミングは、カメラの制御技術をメーカーに依存しないGenICamから行うことも可能になります。 また、NXT vegasからの特徴でもあるHALCONエンベデッド版のランタイムライセンスも引き続き組み込まれております。イメージセンサーには、Sony社のIMX273(1.6MP)、IMX265(3.2MP)、IMX264(5.0MP)、IMX178(6.4MP)、e2v社のEV76C560(1.3MP)が搭載される予定です。

<主な特徴>
■ AI搭載
■ GenICam対応
■ HALCONエンベデッド版ランタイムライセンス搭載
■ 固定焦点レンズの装着が可能
■ デュアルコアCPU1.3GHz
■ IP65/67(防水・防塵)対応(NXT rome)
■ Windows8と10またはiOSタブレットから制御可能
※本仕様は開発中のもののため、変更されることがございます。

出展者セミナー開催

■ 日時:6月12日(水)12:30~13:20
■ 場所:第2セミナールーム
■ 講演名:AI搭載の産業用カメラを含む最新のIDS社製カメラの紹介

■ 講演概要:
マシンビジョン市場が成長する中で近年、ディープラーニングや偏光といった技術が注目を浴びております。産業用カメラのトップメーカーである独IDS社は、このような技術を取り入れたカメラをリリースします。本セミナーでは、業界初のAIビジョンアプリを搭載したカメラを中心に、注目を浴びている偏光カメラや液体レンズ搭載カメラ等も含めたIDS社の新製品をご紹介いたします。各カメラの使用方法、アプリケーション例も合わせてご紹介します。

出展者セミナーの予約は、以下のURL先から行うことができます。:
https://www.adcom-media.co.jp/seminar/2019SS/session/I-132.html