USB3.0 液体レンズ搭載カメラ| 【カメラ】小型カメラ| 業種別ソリューション|株式会社 プロリンクス

【カメラ】小型カメラ

USB3.0 液体レンズ搭載カメラ

サプライヤー:Pixelink®, a Navitar Co.

PixeLINK(ピクセリンク)社のUSB3.0 液体レンズ搭載カメラは、世界で初めてフォーカス制御の液体レンズ(リキッドレンズ)が組み込まれた産業用カメラです。カメラを動かさずともフォーカスの制御が可能で、高速なフォーカス変更と耐衝撃性に優れており、低消費電力でもあります。Varioptic社やEdmund Optics社のレンズを使用しております。これらの液体レンズとカメラの互換性を最適化し、高速なフォーカス調整、品質の良い画像の取得を実現しております。

製品カタログPDF

主な特徴

■ ワンプッシュオートフォーカス
PixeLINK社が提供しているビューワーソフトPixeLINK Captureで簡単にフォーカスの調整が行えます。フォーカスタブを左右にドラッグしていただくことによって、ミリ秒単位でフォーカス位置を設定できます。

■ コンパクト・低消費電力・耐久性のあるリキッドレンズ
一般的にメカニカルレンズの寿命は、数10万回サイクルと言われていますが、PixeLINK社が採用している液体レンズ(リキッドレンズ)は、劣化なしに1億回以上サイクルテストが行われています。この液体レンズ(リキッドレンズ)は数十ms内で再フォーカスが行われるため、高速でフォーカス調整が必要なアプリケーションや振動がある環境に最適です。

■ 数センチの距離から20ms以下のスピードでシャープな画像を取得
レンズの種類にもよりますが、数センチの距離から無限でフォーカスを調整いただくことが可能です。

■ 専用のSDKで容易にソフトウェア開発が可能
PixeLINK社より、全てのカメラに共通して使用できるコントローラーを提供しております。オートフォーカス用ビューワーソフトPixeLINK Captureにて、露出時間の制御や、フィルタリング、フレームの調整等、プロパティの変更が可能です。

製品リスト

アプリケーション例

■ PCBボード検査
PCBボードは小型化していく中で、より複雑な形状となっていき、オートフォーカスカメラの需要が高まってきています。リフロー前の位置決めの評価や、ベアボードやはんだ付けの検査、回路の導通検査等にご使用いただけます。
■ 生体認証
生体認証アプリケーションには、撮影対象に高速でフォーカスを合わせる機能が必要となります。PixeLINK社のカメラは、空港での顔認証に使用されております。
■ メディカル(医療分野)
生きた細胞、細胞組織、生体の画像は、視野範囲内にある対象物に高速にフォーカスを合わせる必要があるため、オートフォーカスカメラが有効に働きます。オートフォーカスは、熱ドリフトやフラットでない培養皿にも適しております。
■ 物流: 各種コード検査
郵便局や物流企業では、伝票上の情報を区分けをする必要があります。区分けに使用される各種コード(バーコード、QRコード等)は、箱のあらゆる場所に無造作に貼られており、また、箱の大きさも様々です。オートフォーカスカメラは、このように様々な大きさの箱・位置に貼られた各種コードの読み取りに適しております。

温度に対するレンズの応答時間

10℃の場合、約20msで別のポイントにフォーカスを変更することが可能です。一般的なハイエンドデジタル一眼カメラは、同条件で300ms以上の時間がかかります。

システム用件