USB3.1Gen1 液体レンズ搭載可能カメラ| 【カメラ】小型カメラ| 業種別ソリューション|株式会社 プロリンクス

【カメラ】小型カメラ

USB3.1Gen1 液体レンズ搭載可能カメラ

サプライヤー:IDS Imaging Development Systems GmbH

USB3.1Gen1液体レンズ搭載可能カメラは、搭載した液体レンズのフォーカスをソフトウェアから簡単に調整することができます。搭載可能なレンズは、2.6~50mmまで6種類あり、ご希望の視野範囲により選択が可能です。本カメラは、これまでのカメラと同様に、IDS Software Suiteで即座にご使用いただけます。リバーシブルなUSB Type-C コネクターを搭載しており、また、GPIO、トリガー、フラッシュ用の 10 ピン Molex コネクターも搭載されています。USB Power Delivery も利用できるため、I/Oポート経由で様々な周辺機器に電力を供給できます。 ご希望のレンズ焦点距離に応じてマウントが異なります。2.6mm・9.6mmのレンズは Sマウント、12mm・16mm・25mm・35mm・50mmのレンズは Cマウントとなりますのでご留意ください。

製品カタログPDF

主な特徴

■ オートフォーカス機能(マニュアルで液体レンズを制御することも可能)
■ 36 x 36 x 15mm のボードカメラ
■ USB3.1 Gen1(USB3.0カメラとしてご使用いただけます)
■ USB Type-C コネクターを搭載:コネクターの挿し込み口がリバーシブル
■ GPIO、トリガーおよびフラッシュ向け 10 ピン Molex コネクター搭載
■ USB Power Delivery (PD) 対応
■ IDS Software Suite対応

製品リスト

※カラーモデルは標準でIR Cut Filter が付いています。(652nmより長い波長をカットします。)
 モノクロモデルは標準でIR Cut Filter は付いておりません。

アプリケーション例

■ バーコード読み取り
■ 顕微鏡
■ 医療工学
■ ITS (Intelligent Transport Systems: 高度道路交通システム)
■ 天文学
■ 小型デバイス組み立て
■ 組み込みシステム
■ 視覚化および分析
■ エレクトロニクス業界

ソフトウェア

IDS社のソフトウェアパッケージには、Windows/Linux/組み込みLunux向けのドライバ、カメラ管理用プログラムIDS Camera Manager、デモプログラムuEye Cockpit及びソフトウェア開発キットが含まれています。
もちろんこれら全て無料でご利用可能です。

IDS社のソフトウェアの大きな魅力は、API (アプリケーションプログラミングインターフェース) が全てのカメラインターフェース(USB3.1/3.0/2.2及びGigE)で共通していることです。そのため、カメラのインタースが混在していても統合して同時に操作できます。また、プログラミングコードに手を加えることなくカメラのインターフェースを変更することもできるため、将来的にカメラを置き替える際にもスムーズに移行することが可能です。定期的にアップデートされるドライバをご利用いただくことで、カメラの機能を最高レベルで使用できます。

■ uEye Camera Manger - カメラ管理プログラム
システムに接続したカメラを管理するための中心となるツールです。エキスパートモードでは接続中のカメラに関する詳細な情報をご覧いただけるため、障害の発生を未然に防ぎ、最高のパフォーマンスを引き出すことができます。

■ uEye Cockpit- デモプログラム
カメラを購入して直ぐに、静止画・動画の撮影と保存、カメラパラメータの変更など、ほぼ全ての機能を使用することが可能です。
このツールでは、露光時間やフレームレートなど様々なカメラパラメータの調整が行えるため、プログラミング前に総合的な画像の確認が行えます。設定したパラメータは、テキストファイルもしくはカメラ内に保存が可能です。このuEye Cockpitだけでもアプリケーションによっては十分にご利用いただけます。

■ プログラミング- 言語、ライブラリ、インターフェース
馴染みのある開発環境で作業を行っていただけるよう、IDS社では C、C++、C#、Microsoft .NET、Visual Basicをサポートしております。数多くのサンプルプログラムがソースコードと共にドライバーインストール時に保存されます。また、Direct ShowやPythonに加え、各種画像処理パッケージ(HALCON/MERLIC/LabVIEW/Cognex VisionPro/NeuroCheck/Common Vision Bloxなど)のインターフェースも提供しているため、余計な手間なくカメラをお使いいただけます。
0,

システム要件