USB3.0 カメラ uEye ML| 【カメラ】小型カメラ| 業種別ソリューション|株式会社 プロリンクス

【カメラ】小型カメラ

USB3.0 カメラ uEye ML

サプライヤー:IDS Imaging Development Systems GmbH

USB3.0 カメラ uEye MLは、軽量かつ堅牢で、 わずか41gです。 47 x 46 x 26.3mmとコンパクトなため、スペース制限の厳しいすべての用途に適しております。更に、このカメラは適切な産業用カメラに期待されるすべての利点を提供します。2つのGPIO、光学的絶縁型のトリガーおよびフラッシュにより、幅広い用途に適しています。C/CSレンズホルダーにより、広角レンズを含め、広範なレンズを選択できます。プラグアンドプレイ、およびデータ転送と電源のUSBワンケーブルソリューションにより、カメラの統合が非常に容易です。

製品カタログPDF

主な特徴

■ USB 3.0 インターフェース:最高 420 MB/秒の高データレート
■ すばやく簡単な統合:プラグアンドプレイ、およびデータ転送と電源のワンケーブルソリューション
■ コンパクトサイズ:47 x 46 x 26.3mm
■ 軽量で安定性のあるハウジング:プラスチック製ハウジングを含めて41g
■ トリガー、フラッシュ、GPIO × 2 (シリアルインターフェースとして使用可能)
■ C/CSマウントレンズを選択可能
■ USB3 Visionに対応版有り

製品リスト

※カラーモデルは標準でIR Cut Filter が付いています。(654nmより長い波長をカットします。)
 モノクロモデルは標準でIR Cut Filter は付いておりません。

アプリケーション例

■ オートメーション
■ プロセスの監視
■ 印刷産業: 完全性制御、品質検査
■ パッケージ産業:ボトル検査、充填量検査、バーコードおよび OCR 読み取り
■ ロボティクス: ロボットガイダンス、オブジェクトおよびパターン認識、位置および方向認識
■ 医薬品産業:バーコードおよび OCR 読み取り、色および完全性制御
■ 医療工学

ソフトウェア

IDS社のソフトウェアパッケージには、Windows/Linux/組み込みLunux向けのドライバ、カメラ管理用プログラムIDS Camera Manager、デモプログラムuEye Cockpit及びソフトウェア開発キットが含まれています。
もちろんこれら全て無料でご利用可能です。

IDS社のソフトウェアの大きな魅力は、API (アプリケーションプログラミングインターフェース) が全てのカメラインターフェース(USB3.1/3.0/2.4及びGigE)で共通していることです。そのため、カメラのインタースが混在していても統合して同時に操作できます。また、プログラミングコードに手を加えることなくカメラのインターフェースを変更することもできるため、将来的にカメラを置き替える際にもスムーズに移行することが可能です。定期的にアップデートされるドライバをご利用いただくことで、カメラの機能を最高レベルで使用できます。

■ uEye Camera Manger - カメラ管理プログラム
システムに接続したカメラを管理するための中心となるツールです。エキスパートモードでは接続中のカメラに関する詳細な情報をご覧いただけるため、障害の発生を未然に防ぎ、最高のパフォーマンスを引き出すことができます。

■ uEye Cockpit- デモプログラム
カメラを購入して直ぐに、静止画・動画の撮影と保存、カメラパラメータの変更など、ほぼ全ての機能を使用することが可能です。
このツールでは、露光時間やフレームレートなど様々なカメラパラメータの調整が行えるため、プログラミング前に総合的な画像の確認が行えます。設定したパラメータは、テキストファイルもしくはカメラ内に保存が可能です。このuEye Cockpitだけでもアプリケーションによっては十分にご利用いただけます。

■ プログラミング- 言語、ライブラリ、インターフェース
馴染みのある開発環境で作業を行っていただけるよう、IDS社では C、C++、C#、Microsoft .NET、Visual Basicをサポートしております。数多くのサンプルプログラムがソースコードと共にドライバーインストール時に保存されます。また、Direct ShowやPythonに加え、各種画像処理パッケージ(HALCON/MERLIC/LabVIEW/Cognex VisionPro/NeuroCheck/Common Vision Bloxなど)のインターフェースも提供しているため、余計な手間なくカメラをお使いいただけます。
0,

システム要件