• 光学設計・LED照明系設計ソフトHOME
  • 製品案内
  • アプリケーション
  • カタログ集
  • 技術サポート
  • お問い合わせ

製品案内

トップページ > 製品案内 > セミナー情報 > 基礎から見直す「光学設計実践塾」(Zemax OpticStudio実習付)

Loading...

基礎から見直す「光学設計実践塾」(Zemax OpticStudio実習付)

チームオプト株式会社様にご協力いただき、
基礎から見直す「光学設計実践塾」(Zemax OpticStudio実習付)を開催いたします。

参加人数に限りがございますので、是非お早目にお申込みいただけましたら幸いです。

開催概要

<開催日時>
【初開催!!】
2018年11月20日(火)10:00~17:00
2018年11月21日(水)10:00~17:00
2018年11月22日(木)10:00~17:00
2018年12月14日(金)10:00~17:00(希望者のみ)
※3日もしくは4日間のセミナーです。4日間コースを推奨いたしますが、4日目は受講必須ではありません。

<受講対象>
以下の両方に該当する方
・Zemaxを用いてレンズ設計・評価を行ったことがあり、今後レンズの最適化設計を行っていきたい方
・初級~中級レベルの光学設計者

※レベルに関してご不明な点がございましたらまずは下記フォームにてご相談くださいませ。 https://www.prolinx.co.jp/inquiry/index.php

※セミナーの受講レベルの目安について
セミナーの受講レベルの目安
<受講後到達目標>
「基本的なレンズタイプのレンズ設計を、見通しをもってできる」レベルを目指す。

<概要>
最適化を用いてレンズ設計の収差補正を行うための実践講座です。
座学により収差補正に関する基本的な事柄を学んだ後、
光学設計ソフトZemax OpticStudioを用いて収差補正を実践し、レンズ設計の勘所を学んでいきます。
初めは、単レンズや2枚レンズを題材に、レンズのパラメータ変化により収差がどう変化するかなどの基本を習得した後、
最終的には組み合わせレンズでの最適化にチャレンジします。
4日目は希望される方だけとなりますが、事前に出された課題によるレンズ設計を行い、その結果を事前に提出します。
講義当日は参加者全員から提出された課題を事例として、さらに実践的に学んでいくとともに、
非球面を利用した収差補正と非球面の最適化のためのテクニックや共通成分を持つ複数光学系の同時設計についても学びます。

<内容>
1.光学シミュレーション自動設計の限界
2.レンズの評価
3.3次収差係数
4.単レンズの収差
5.ベンディング
【実習】 レンズ形状と収差変化,絞り位置と収差変化,物体距離と収差,2枚構成レンズ
6.収差補正の考え方
7.各収差の補正法
8.初期データの作成
【実習】 特許データからの初期データ作成
9.最適化
10.評価関数
11.最適化アルゴリズム
12.レンズ設計の最適化
13.最適化の進め方
【実習】最適化体験,ガラスの最適化,最適化データの作成

4日目(4日間コース希望者)の内容
事前に課題が出され、期日までに設計した結果を提出します。
講義の日には、参加者全員から提出された設計をもとにレビューと解説を行います。
また、非球面を利用した収差補正と非球面の最適化のためのテクニックや共通成分を持つ複数光学系の同時設計についても学びます。
14.課題レンズ設計の解説
15.非球面レンズ
16.非球面レンズの最適化
17.共通成分を持つ複数光学系の同時設計
【実習】 課題仕様によるレンズ設計

<セミナー開催場所>
株式会社プロリンクス セミナー室
〒101-0035 東京都千代田区神田紺屋町17番地 SIA神田スクエア3階
セミナールーム
<費用>
3日間コース:150,000円(税別)
4日間コース:200,000円(税別)

<講師>
チームオプト株式会社
丸山 晃一 氏
http://www.team-opt.co.jp/index.html

<持ち物>
・Zemax OpticStudioライセンス(Standard、Professional、Premiumのいずれか)
 ※あらかじめキーの貸出を希望された方は不要です。
・USBメモリー(セミナーで使用したファイルデータを保存用)
・電卓(三角関数付)
・定規
・筆記用具
・受講票のコピー(受講登録後に弊社より送付)
・お名刺
 ※パソコンをご持参いただく必要はございません。
 ※持ち物に追加がある場合は受講票にてご案内いたします。

<貸出ライセンスについて>
弊社所有のキーの貸出(先着8名様まで)にて対応させていただきます。
ご注文の際に貸出希望の旨を弊社にお伝えください。

当日の使用バージョンは原則 Zemax OpticStudio16 となります。


お申し込み・お問い合わせはこちら



ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求

製品リスト

プリケーション別製品一覧

製品案内

  • 製品案内
  • アプリケーション別製品検索
  • 技術サポート
  • FAQ
  • セミナー案内
  • 会社概要
  • ISO認証取得

ページの先頭へ