Wyrowski VirtualLab 汎用電磁光学設計・評価ソフトウェア | 汎用光学シミュレータ、IFTA法による回折光学素子の設計ツール、RCWA法による回折格子・フォトニック結晶の解析ツール、LED 用ビーム整形素子設計ツール、レーザー共振器解析ツール

アプリケーション > チュートリアル > VirtualLab Fusionへのファーストコンタクト

VirtualLab Fusionへのファーストコンタクト

動画

一連のビデオ、ドキュメントにおける最初の資料です。ソフトウェアの最も重要なコンセプトを紹介します。

前の動画 次の動画
動画再生画面の右下字幕アイコンより英語字幕、日本語字幕(機械翻訳)をご選択いただけます。

動画一覧

VirtualLab Fusionへのファーストコンタクト
VirtualLab Fusionへのファーストコンタクト
一連のビデオ、ドキュメントにおける最初の資料です。ソフトウェアの最も重要なコンセプトを紹介します。
ユーザーインターフェース
ユーザーインターフェース
初めてVirtualLab Fusionを起動する際の基本的なユーザーインターフェースを紹介します。
VirtualLab Fusionでの光学系の構築
VirtualLab Fusionでの光学系の構築
Light Path Diagramを使った任意の光学系の構築を紹介します。
Light Path Diagramの組み立て
Light Path Diagramの組み立て
Light Path Diagramの基本的なコンセプトを紹介します。本チュートリアルをご覧いただいた後、ご希望の光学系をソフトウェア上で構築していただく事が可能です。
レンズデータの転送
レンズデータの転送
レンズデータシートに従ってVirtualLabに実際のレンズを構築する方法を紹介します。一例として、Thorlabs社の非球面レンズを使用します。
カタログ 1: カタログの紹介
カタログ 1: カタログの紹介
VirtualLab Fusionで使用されるカタログのコンセプトを紹介します。
カタログ 2: インターフェースカタログ
カタログ 2: インターフェースカタログ
インターフェースカタログと編集ウィンドウの使用方法を紹介します。
カタログ 3: コーティングカタログ
カタログ 3: コーティングカタログ
コーティングカタログの使用方法を紹介します。
カタログ 4: 材質カタログ
カタログ 4: 材質カタログ
材質カタログの使用方法を紹介します。
カタログ 5: 媒質カタログ
カタログ 5: 媒質カタログ
媒質カタログの使用方法を紹介します。
計算機能 1: ABCD法計算
計算機能 1: ABCD法計算
計算機能に関わる最初のチュートリアルです。概要紹介の後、ABCD法計算を紹介します。
計算機能 2: 回折角の計算
計算機能 2: 回折角の計算
Diffraction Angle Calculatorを用いた回折角の計算について説明します。回折格子の特性と入射放射線に関連する入力パラメータを基に、反射と透過の両方で出射角度が得られます。
計算機能 3: ディレクションコンバーター
計算機能 3: ディレクションコンバーター
VirtualLab Fusionで利用可能な計算機能の1つであるDirection Converterの使用方法を紹介します。
計算機能 4: フレネル効果計算
計算機能 4: フレネル効果計算
フレネル効果計算を紹介します。振幅、強度係数において特定の値やカーブの全体像を確認する方法を紹介します。
計算機能 5: レーザービームの計算
計算機能 5: レーザービームの計算
Laser Beam Calculatorを用いたレーザービームの計算について説明します。Laser Beam Calculatorは一連の入力した値からビームの特性となるパラメータの値を計算します。
計算機能 6: 変調度の計算
計算機能 6: 変調度の計算
VirtualLab Fusionにおけるこの計算機能では、異なる基準媒体で同じ距離を横切る伝搬に関して、2πの位相差を生成するために特定の材料に必要な厚さを計算します。
メイン画面でのモデリング 1: イントロダクション
メイン画面でのモデリング 1: イントロダクション
メイン画面でのモデリング手順を紹介します。
メイン画面でのモデリング 2: アラゴスポット
メイン画面でのモデリング 2: アラゴスポット
指示に従って光学基礎実験のアラゴスポット(もしくはポアソンスポット)を複製します。この実例を用いてVirtualLab Fusionのメイン画面を使った簡単なモデリングタスクを実行する方法を説明します。