Wyrowski VirtualLab 汎用電磁光学設計・評価ソフトウェア | 汎用光学シミュレータ、IFTA法による回折光学素子の設計ツール、RCWA法による回折格子・フォトニック結晶の解析ツール、LED 用ビーム整形素子設計ツール、レーザー共振器解析ツール

VirtualLabについて

LightTrans VirtualLab™ は、ドイツ JENA 大学のProf. Frank Wyrowski により開発された汎用電磁光学設計・評価ソフトウェアです。

VirtualLab は、複数の素子から成る光学系に対し、幾何光学から波動光学、電磁光学的シミュレーションに至るまで一貫したコンセプトに基づき取り扱います。
即ち、幾何光学や波動光学、及び電磁光学を問わず、統一されたモデリング手法により、柔軟で自由度の高いシミュレーションが実行されます。

VirtualLab は、ユーザーフレンドリーなユーザインターフェースを備え、直感的な操作が可能です。また拡張性も高く、C# または VisualBasic によるマクロプログラミングにも対応しています。

主なキーワード:

回折、干渉、偏光、部分的コヒーレンス、LED照明、回折光学素子(DOE)、回折レンズ、微小光学系(フォトニック結晶)、超短光パルス、ドーナッツビーム、レーザー共振器、マイクロレンズアレイ、高NA光学系、ファイバ結合、GRINレンズ、ビーム整形、RCWA、周期的構造、回折格子(グレーティング)

VirtualLabは5つのToolboxにて構成され、必要なToolboxをお買い求めいただける形式となっております。Toolboxの詳細は下記URLをご覧ください。