Wyrowski VirtualLab 汎用電磁光学設計・評価ソフトウェア | 汎用光学シミュレータ、IFTA法による回折光学素子の設計ツール、RCWA法による回折格子・フォトニック結晶の解析ツール、LED 用ビーム整形素子設計ツール、レーザー共振器解析ツール

製品情報 > LightTrans Solutions

LightTrans Solutions

VirtualLab Fusion – 物理光学ソフトウェア

光学設計ソフトウェアVirtualLab Fusionは段階的なプロセスで、シミュレーションができるように設計されています。
初めに、光線追跡で光学系の基本性能を調査します。次に、幾何光学的電磁場追跡に切り替え、強度、位相、偏光、コヒーレント、干渉を含んだ電磁場に関する追加情報を迅速に得ます。最後に、シミュレーション内でより多くの波動光学的影響を考慮するために、幾何光学を回折電磁場追跡技術と組み合わせます。

次の2つの記事では、高速な物理光学モデリングについて詳しく紹介しています(1, 2

VirtualLab Fusion ソフトウェアパッケージ

Laser Systems Design - レーザー光学系設計

Laser Systems Design - レーザー光学系設計

VirtualLab Fusionでは、シングルモード レーザーだけでなく、マルチモード レーザー、CW レーザー、パルス レーザーを光源とするレーザー光学系の設計とシミュレーションが可能です。またレーザー光学系はレンズ、ミラー、回折光学素子、回折格子とホログラムを含めて設計することができます。
VirtualLabは単一のソフトウェアに高速で正確な電磁場追跡エンジンと光線追跡エンジンを搭載しています。

Diffractive Optics Design - 回折光学素子設計

Diffractive Optics Design - 回折光学素子設計

VirtualLab Fusionでは、レーザー光とLED光両方に対しての回折光学素子、微小光学素子、回折格子、自由曲面をもつ素子と整形、分岐、拡散、均一化の為のホログラムの設計とシミュレーションが可能です。高速な物理光学シミュレーションと最適化アルゴリズムにより、これらの素子の設計と回折、干渉、偏光、コヒーレンス度の考慮が可能です。

Illumination Systems Design - 照明光学系設計

Illumination Systems Design - 照明光学系設計

VirtualLabでは、レーザー光とLED光両方に対する整形、分岐、拡散、均一化の為の照明光学系の設計とシミュレーションが可能です。本ソフトウェアパッケージの特徴は、レンズアレイ、回折光学素子とグレーティング、ミラー、プリズムからなるセルズアレイの使用にあります。高速な物理光学シミュレーションと最適化アルゴリズムによりこれらの光学素子の設計が可能です。

Laser Resonators Design - レーザー共振器設計

Laser Resonators Design - レーザー共振器設計

VirtualLab Fusionでは、複合レーザー共振器の横固有モードの計算が可能です。平面、非球面の共振器終端ミラーだけでなく、シャープ アパーチャー、レンズ、回折光学素子、自由曲面のような横共振器モードにおける多様な共振器内の光学素子の影響の調査が可能です。これにより、安定型、不安定型、リング型共振器の形状とポンプ光のビーム伝搬システムのシミュレーションが可能です。