Wyrowski VirtualLab 汎用電磁光学設計・評価ソフトウェア | 汎用光学シミュレータ、IFTA法による回折光学素子の設計ツール、RCWA法による回折格子・フォトニック結晶の解析ツール、LED 用ビーム整形素子設計ツール、レーザー共振器解析ツール

製品情報 > Toolbox Overview

Toolbox Overview

VirtualLab Fusion のToolbox

VirtualLab の Toolbox では、共通の操作が容易なユーザーインターフェースに基づいて光学設計タスクを解決するためにスケーラブルな技術を提供します。
VirtualLab のいくつかの Toolbox を組み合わせることで多領域にわたる光学設計課題を解決することができます。次の Toolbox をご利用頂けます。

  • Starter Toolbox
  • Grating Toolbox
  • Diffractive Optics Toolbox
  • Lighting Toolbox
  • Laser Resonator Toolbox

必要に応じて、強力なプログラマブルインターフェースを使用してカスタマイズした機能をシステムに追加することが可能です。

Starter Toolbox

オールインワン―光線追跡から物理光学まで Starter Toolbox を使用すると、VirtualLab の革新的なコンセプトである統一光学モデリングからすぐに恩恵を受けることができます。
Starter Toolboxでは、レーザー光学系、結像光学系、照明光学系の最適化が可能です。シングルモード レーザー、マルチモード レーザー、cwレーザー、パルス レーザー、エキシマ レーザー、LED、VCSEL、熱源など、幅広い中から光源を選択することが可能です。このToolboxでは、屈折面、回折面、自由曲面、ハイブリッド面をもつ光学素子を非常に柔軟に定義することが可能です。様々なメリット関数の評価に対して偏光、干渉、回折、コヒーレンスの影響が考慮されます。

Grating Toolbox

光学システム内の回折格子の厳密解析 格子構造は光学システム内で広く使用されています。
Gratig Toolboxには、これらのシステムの徹底したモデリングを実現するための様々な機能が搭載されています。Grating Toolboxでは、2D/3D面や体積回折格子、一般的な周期構造の電磁場解析の為の厳密なモデリング技術を提供します。強力なグレーティング アナライザーやその他の機能で、回折効率やニアフィールドとファーフィールド、回折格子内部の電磁場を計算します。コニカル回折や偏光、分散の影響も含まれます。Grating Toolbox とその他の Toolbox と組み合わせることで、レーザー光学系や結像光学系、照明光学系内の格子構造や回折構造を解析できます。

Diffractive Optics Toolbox

回折素子の設計を容易に ユーザーフレンドリーなセッション エディターがシステムセットアップから製造データの出力までの設計ワークフローにわたり案内します。
Diffractive Optics Toolbox では、回折型光学素子と屈折型光学素子の設計が可能です。アプリケーションにはレーザー光の分岐、整形ならびにコヒーレント光、部分コヒーレント光の拡散と均一化を含みます。強力な IFTA 法を使ったローカル、グローバルパラメトリック最適化を使用できます。設計した面プロファイルは、STL や GDSII を含むいくつかのフォーマットでエクスポートできます。製造誤差とアライメント誤差の公差解析が可能で、Starter Toolbox と一緒に使用することで最大の効果を得られます。

Lighting Toolbox

コンパクトな照明光学系に向けた革新的な設計コンセプト Lighting Toolboxは単色、白色 LED 光の整形と均一化のための設計ツールを提供します。
Lighting Toolboxでは、回折、干渉ならびに空間、時間的パーシャルコヒーレンス効果を考慮した LED 光を整形するための屈折、回折光学素子の設計が可能です。入射した LED 光を平行光にする屈折素子と一緒にセルアレーが使用される場合にも高い柔軟性があります。設計した素子の製造データは STL や GDSII を含むいくつかのフォーマットで出力できます。公差解析が可能で、Starter Toolbox と一緒に使用することで最大の効果を得られます。

Laser Resonator Toolbox

光共振器の固有モードの解析、設計、公差解析 Laser Resonator Toolboxでは基準モードと高次モード、固有値の計算を含む安定共振器と不安定共振器の解析が可能です。
Laser Resonator Toolbox ではカタログやすべてのモデリング エンジンを含む VirtualLab の全てのインフラを使用します。これにより、複雑な共振器の設定が非常に容易となります。共振器にはミラーや屈折、回折光学面、屈折率変調媒質やレーザー結晶のような素子も含められます。Starter Toolbox と組み合わせることで、リング型共振器の考慮も可能となり、非線形利得、熱レンズ効果、応力誘起複屈折の影響の考慮も含まれます。