Wyrowski VirtualLab 汎用電磁光学設計・評価ソフトウェア | 汎用光学シミュレータ、IFTA法による回折光学素子の設計ツール、RCWA法による回折格子・フォトニック結晶の解析ツール、LED 用ビーム整形素子設計ツール、レーザー共振器解析ツール

製品情報 > Toolbox Overview > Starter Toolbox

Starter Toolbox

ナノ、マイクロ、マクロ光学の統一モデリング

VirtualLab Starter Toolboxではレーザー光学、マイクロ オプティクス光学系、回折光学、干渉計、結像光学系、照明光学系のシミュレーションを行うことができます。屈折レンズ、回折レンズ、ハイブリッド レンズ、フレネル レンズ、GRIN レンズ、回折光学素子、ディフューザー、ビーム整形素子、回折型ビーム スプリッター、計算機創生ホログラム、位相板、回折格子、自由曲面を持つエレメント、マイクロ レンズ アレイを含む光学系で可能です。統一光学モデリングに基づいて、幾何光学から物理光学までの範囲で異なる伝搬モデルを用いて光の伝搬がモデル化されます。

VirtualLab ではレーザー光学系のような光学系に対し、パラメトリック最適化を行うことができます。この最適化の過程で回折、干渉、偏光の影響と収差を考慮することが可能です。

多色球面波と螺旋波の干渉 多色球面波と螺旋波の干渉

VirtualLabならではのカスタマイズ機能では単に式を入力するだけで、ユーザー定義の面形状、光源、透過率、屈折率変調媒質、光学素子のシミュレーションが可能です。さらに、ユーザーはメリット関数と電場評価を任意に追加することができます。さまざまなインポートフィルタにより、他のソフトウェアおよび計測機器からの面形状とレーザーデータをインポートすることができます。

特徴

  • 一つのプラットフォーム上でのレンズ、マイクロ光学素子、回折光学素子のモデリングが可能です。
  • 回折、干渉、収差、偏光、ベクトル効果を含む幾何光学から物理光学までの光学モデリングが可能です。
  • LED、エキシマレーザー、マルチモードレーザーのような時間的、空間的な部分コヒーレント光源のシミュレーションが可能です。
  • 超短パルスのモデリングが可能です。
  • 光学素子と伝搬モデルをカスタマイズすることが可能です。
  • 光学系をパラメトリック最適化することが可能です。
二焦点レンズのハイブリッド面 二焦点レンズのハイブリッド面

機能紹介

高 NA レーザーと結像光学系のシミュレーション

高 NA レーザーと結像光学系のシミュレーション Starter Toolboxは回折、干渉、収差、偏光およびベクトル効果を含む近軸と非近軸レーザーおよび結像光学系の調査が可能です。レンズデータは Zemax からインポートすることができます。プログラマブル インターフェース、光源、透過率、材質、媒質、コンポーネントを使用することで光学素子をカスタマイズすることができます。このツールボックスでは、例えば、焦点領域におけるファイバーの結合効率、ビーム パラメータ、PSF、MTF、パワー密度を評価することができます。

マイクロ光学素子と回折光学素子のシミュレーション

マイクロ光学素子と回折光学素子のシミュレーション 回折レンズ、ハイブリッドレンズ、フレネルレンズ、GRIN レンズ、回折光学素子、ディフューザー、ビーム整形素子、回折ビーム スプリッター、計算機創生ホログラム、位相板とマイクロレンズアレイの光学的効果を解析することができます。光伝搬シミュレーションには回折、干渉、迷光、効率、均一性、信号対雑音比(SNR)とゼロ次光の強度を含みます。微細構造高プロファイルの測定データは、ASCII とビットマップ ファイルから VirtualLab にインポートすることができます。

超短パルスのモデリング

超短パルスのモデリング VirtualLabではレーザー光学系を使用した超短パルスのモデリングと伝搬計算が可能です。伝播計算には、回折、干渉、収差、偏光およびベクトル効果が含まれます。パルス形状は横方向のレーザービーム位置によって視覚化することができます。

時間的、空間的部分コヒーレント光のシミュレーション いくつかの実際の光源は、例えば LED やエキシマ レーザー、マルチモード レーザー、熱源のように、時間的、空間的部分コヒーレント光を生成します。こうした光源の実際の光の分布のコヒーレンス特性をシミュレーションに含めることができます。これはその光学的機能が回折と干渉に基づく光学系で特に重要となります。

時間的、空間的部分コヒーレント光のシミュレーション 単色の LED によって描かれた回折型ディフューザーの遠視野強度パターン

パラメトリック最適化とパラメータ ラン パラメトリック最適化ではレーザー光学系を含む様々な光学系を最適化することができます。電磁場追跡技術と光の電磁場の表現に基づいて、VirtualLab においては最適化の問題の目標を定義するメリット関数の一連の幅広い入力として完全なベクトル結果が提供されます。また、パラメータ ランでは事前に定義された方法、あるいは、モンテカルロ シミュレーションで使用されるようなランダムな方法で自動的にパラメータを変更するための枠組みを提供しています。

超短パルスのモデリング

カスタマイズされた面形状、光源、透過率、屈折率変調媒 プログラマブル インターフェース、光源、透過率、屈折率変調媒質では単に式を入力することにより光学素子をカスタマイズすることができます。この機能により、例えば、ユーザー定義の自由曲面の回折、屈折またはハイブリッド面形状を有する光学素子を高速にモデリングすることが可能です。